若狭町
日本遺産

若狭と京を結ぶ鯖街道熊川宿 生き活きProject

振り返れば未来の道 発酵街道

http://parea.town.fukui-wakasa.lg.jp/

福井県三方上中郡若狭町市場18-18 TEL.0770-62-2508

日本遺産
松平定知氏
■演題/
『天下獲りのターニングポイント』
■基調講演/
松平定知氏京都造形芸術大学教授(元・NHK理事待遇アナウンサー)

早稲田大学卒業後、NHK入社。高知放送局勤務を経て、東京アナウンス室へ。2007年、NHKを定年退職。現在、京都造形芸術大学教授、國學院大學客員教授。

永禄3年(1560)5月、当時、天下に最も近いと言われた駿河の大大名・今川義元は、20代半ばの若造、織田信長にまさかの負けを喫した。信長は、以後、群雄割拠の戦国時代を、トップを切って天下獲りに向かってひた走るが、その「桶狭間」から十年、元亀元年(1570)春四月、彼は越前の若狭平野を駆っていた。信長、未だ30歳代半ばである。然しその越前で、信長は義弟・浅井長政の想定外の行動に遭い、進退窮まった。 朝倉義景と浅井長政に挟撃される形の中で困惑する信長に、羽柴秀吉は「ここは一番、私におまかせあれ。殿は何としても、京都に戻られ、捲土重来を期して頂きたい。」———さあ、この時、信長はどうしたか、そして秀吉は、浅井は、朝倉は、浅井の妻・信長の妹、「お市」は! 
各人が、ここ、越前、福井・金ヶ崎の地で各様に動く。
そう、この場所は、流通、交通の要衝でもあり、まさに、天下獲りのターニング・ポイントだったのである、、、、、、、、、。

入場無料
◎入場券(無料)取扱窓口
  • ●パレア若狭チケットカウンター
  • ●政策推進課・税務住民課(三方庁舎)
  • ●上中サービス室(上中庁舎)
  • ●若狭町歴史文化館
  • ●若狭三方縄文博物館
■同時開催/
食フェア(熊川宿) 3月12日(土)・13日(日)10:00〜16:00

主催=福井県若狭町・鯖街道熊川宿生き活きプロジェクト実行委員会  企画・運営=株式会社 玄
お問い合わせ=若狭町政策推進課 TEL.0770-45-9112